私のマメ

わが家の2番目のネコ、マメ。

美しいネコなのにちょっとがさつで無神経。

仕事場でいらんことばかりするので、

(棚の道具を落として歩いたり、

作りたてのやわらかいうつわの上を歩いたり)

てっちゃんにはとてもいやがられています。

子供たちはかわいがりすぎるので、マメの方がちょっと苦手の様子。

私はというと、溺愛とまではいかずともそれなりに愛情を注いでいます。

そんなわけで、マメは家族の中で一番私を愛してくれているようです。

仕事場でも、畑でも、洗濯を干している時も、

気がつけばいつも私のそばでゴロゴロしています。

そんな姿を見ててっちゃんは、

「マメはきっと桃が死んだ時、

ハスの花もって迎えにきて天国へ連れて行ってくれるぞ。」

となんとなく嬉しくなるようなコメントをします。

それから、「でもその天国はきっと間違った天国や!」

と付け足して笑います....

でも私もマメは多分間違えそうな気がしています(笑)

まあ、たとえ間違っていたとしても、

そこが素敵な場所であればいいかなと思うので、

せいぜいマメをかわいがって

変な所に連れて行かれないようにしようと思っています。

                        桃

Our 2nd cat, Mame, is a beautiful cat.

She is in a way less careful and good at making mess unlike many ordinary cats.

Tetsuya doesn't like her because,

she often does very disturbing things in our studio.

I sometimes get disturbed by her as well,

but I can't stop loving her, and so she does.

She follows me every where, in the kitchen, garden, studio, etc, etc.

Tetsuya says, "when you die, she'll come pick you up with lotus in her hand 

and take you to the heaven."(sounds nice, isn't it?)

Then he adds, "but it'd be a wrong heaven!"

(Well, I can agree with that, I know she is kind of a cat who makes silly mistakes, but where the hell is "a wrong heaven"??)

Anyway, wherever it is, 

I'll try to be nice to her so she can bring me somewhere peaceful when I die:)

                                                                                                       Momo