大谷哲也 個展

日時:2021年7月16日(金)〜20日(火)

          11:00~19:00

   最終日は17:00まで

          18日(日)在廊予定


会場:桃居

   〒106-0031

  東京都港区西麻布2-25-13

   TEL 03-3797-4494

   http://www.toukyo.com


新型コロナウィルス感染拡大防止のため、この展覧会は原則オンライン展示とさせていただきます。

作品は7月16日(金)の11:00より以下のサイトでご覧いただけます。

https://toukyo-exhibition.com

18日(日)から最終日までは実店舗でもご覧いただけます。

詳細は桃居のウェブサイトをご覧ください。


振り出しは、「ものを作るひとの暮らし」に憧れたことです。

「朝練」と称して、借家の庭先にある洗濯場を囲った小さなスペースで、出勤前にロクロの練習を始めました。作っていたのは自分たちの暮らしに合った、必要に応じて買い足しができるような、ふだん使いのうつわです。20年近く経った今でも、作るもののほとんどがそういったものです。

 ロクロをひいていると、完成に至るまでに「なんかきれいやなぁ」と思える姿に出会うことがあります。開花を待つ蕾のようなものです。食器としては不完全なのものかもしれませんが、とても艶っぽいので、そういうものも少しず作るようになりました。

 双六のコマを進めるように、往ったり来たり寄り道をしながら、桃居へやってきました。ここで振ったサイコロは、僕をどこへ連れていってくれるのでしょうか⁈とても楽しみです。


The story began from a tiny space, abut 2 square meters, I enclosed on an open-air laundry space attached to an old house we rented about 22 years ago. There, I started practicing throwing before going to work (I had a teaching job). What I was making then were just simple daily tableware we used everyday, the basic idea was nothing much different from what I do today. Recently,

I sometimes finish throwing before a shape reaches the final shape I originally visioned in my head, because every once in awhile, in the process of making something, I come across a really beautiful shape I could never envisioned. The shape is something like a bud just a second before it unfolds. I guess I am old enough to treasure this kind of beautiful moment, the biggest difference from myself in the late-20s. 

After lots of detours, I have finally arrived in Toukyo 桃居. 

And now, I am very excited about what this brings me next...