ハチ Hachi



去る、緑眩しい5月某日、大谷家の愛犬、ハチが他界しました。

Our beloved dog, Hachi passed away on a beautiful Sunday end of May.


私たちがこの地に自宅兼工房を構えた翌年、2009年に我が家にやってきたハチ。

その生涯はここでの大谷家の歴史そのものでした。

ハチが来てから12年9ヶ月、その日その日は淡々と流れて行きましたが、

過ぎてみれば、始まりと終わりで大谷家は大きく変わりました。

石ころだらけで、雨が降ると池みたいに巨大な水溜りができていた荒地は、木々が繁る緑の庭に生まれ変わり、2人でこじんまりと仕事を始めた小さな工房が手狭になって増築され、新しい猫や、弟子たちがやってきて、賑やかになった反面、小さかった娘達がお姉さんになって1人また1人と独り立ちして行き、ハチに優しくしてくれた何人かの大切な人がこの世を去りました。


病に冒された最後の時間は、庭でゴロゴロしながら過ごすことが多かったのですが、気持ち良さそうに眠る姿を見ていると、ハチがこうなるまでに木陰ができるくらいに木々が成長し、芝生が生え揃っていて本当によかったと思いました。


今ごろ天国で、先に逝った家族や友人と一緒に遊んでいるかな...

私たちが出先から帰ってくると、たとえそれが15分の買い物であっても2週間の旅であっても、尻尾をブンブン振って迎えてくれたハチ。あっちの世界に行く時が来たら、私たちを見つけて駆け寄ってきてくれるだろうか?まるで、その前に会ったのがついさっきの事のように。これで完全に終わりと認めるのは悲しすぎるので、そんな風にいつか再会できる日が来ることを願って「しばしの別れ」とします。


生前、ハチと仲良くしてくださった皆さん、本当にありがとうございました。


Hachi and we became a family in 2009, just a year after we built our house&studio here.

So, his life is a very history of our family and studio since we started living on this land.

Tetsuya and myself started working in a small studio turning wheels next to each other with Hachi sleeping in between, soon after that, we figured we needed more space and built another complex, and 2 apprentices joined, and they started throwing between us and Hachi.

In the mean time, our 3 daughters had grown up big, just the trees we planted in the garden, and left home to colleges one by one, every time, Hachi saw them out to the door with us.

A little less than 13 years of life feels not long, but it is long enough to make babies ladies, wild land to green garden, and have matured so many things around us, and Hachi had always been a #1 witness of all that.


We are still feeling too sad to say forever-goodbye to Hachi and hoping that he would recognize us right away when we see him again in heaven and come running to us as he had always been.


We would like to say thank you very much for everyone befriended Hachi.

You all are part of making him one of the happiest dog on this planet, thank you!